あなたに一番適した墓地はどれなのか?

墓地の種類

墓地にもいろいろと種類があるのをご存知でしょうか?いろいろな種類の中から、あなたに一番適した墓地はどれなのか、じっくり選んでみてください。

公営墓地(共同墓地)

市や県などの自治体が運営・管理している墓地です。
メリットは、使用料や管理料が安い、宗派を問わない、石材店などの制限がないことです。
デメリットは、空きが少ない、抽選に落ちることがある、「すでに遺骨がある」「その自治体に一定期間以上居住している」などの制限があることです。

財団法人が経営する墓地

財団法人が経営する墓地とは、不動産会社や石材店などが管理運営している墓地のことです。
メリットとしては、数が多く選択肢に幅がある、お墓のデザインが自由に選べる、宗派を問わない、石材店の指定以外は公営墓地の様な制限が無いことです。
デメリットとしては、料金が高い、郊外にあって交通の便が悪いところもある、管理会社によっては管理・運営が行き届いていないところもある、といったところでしょうか。

宗教法人が経営する墓地

寺院などが運営する墓地です。メリットは、立地条件が良く、管理・供養の面で行き届いていることです。
デメリットは、檀家にならなければならない、同じ宗派である必要がある、お布施や寄付を求められることがある、お寺との付き合いがあるなどです。