一番大切なのは「自分に合う墓地を探す」ということ

墓地のメリット・デメリット

お墓を建てると決めて、次にすべきことは墓地の選定です。
墓地にはいくつかの種類があり、決まりごとや管理料金などの違いがあります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、一概にどこが最も良い墓地だと決めることはできません。
自分や家族にとって何が重要かをしっかりと考え、希望に最も合う墓地を見極めることが大切です。

公営墓地のメリットデメリット

公営墓地は地方自治体が管理、運営している墓地です。
ほとんどの公営墓地では、年に1回程度募集を行います。
申し込むためには「その自治体に住んでいること」等、自治体によって応募条件が設定されていることが多く、その代わり他の墓地に比べると永代使用料や管理費が割安であることから非常に人気があります。

管理団体が公的機関であることから宗教に関する決まりなどが一切なく、仏教、神道、キリスト教、もしくは無宗教など、どんな宗派や宗旨であっても利用することができます。
墓石に関する決まりなどあまり厳しくなく石材店の指定などもないため、契約者が自由に好みの墓石を設置することができます。

しかし、公的機関が管理しているという安心感や管理費の安さなどから非常に競争率が高く、何年も連続で申し込みをしているのに抽選に当たらず、お墓を建てたいのになかなか墓地を入手することができないといったケースも珍しくありません。
また、募集時期が限られているため、自分のタイミングで墓地を手に入れることが難しいという面もあります。

寺院墓地のメリットデメリット

寺院墓地は寺院などの宗教法人が管理、運営している墓地です。
基本的にいつでも申し込みを受け付けているので、自分のタイミングで申し込みすることができます。
寺院によっては檀家になることが墓地入手の条件であることもあるため、宗派や檀家についての詳細を予め確認しておく必要があります。

寺院が管理をしているため管理が行き届いている場所が多く安心できる点や、法要なども檀家になっていればすべて寺院にお任せしてしまえる手軽さや、寺院周辺は基本的に交通の便が良い場所が多いため移動が楽といったメリットがあります。

しかし、檀家になることで永代使用料や管理費以外にも、寺院維持のためのお布施や寄付が必要になる場合もあり、公営の墓地に比べると管理費自体も割高になることから金銭面で多く負担がでることがあります。
人気がある寺院ですと墓地そのものに空きがないことも考えられます。
また、石材店が指定されていたり、墓石の色や形状などに指定があったりといった決まりもありますので、合わせて確認が必要です。

民営墓地のメリットデメリット

民営墓地は財団法人や公益法人、宗教法人などが管理、運営する墓地です。
申し込みの条件や時期なども特に決まりがなく、いつでも申し込みを受け付けています。
公営墓地に比べると割高なことが多く、特に都市近郊の交通の便が良い場所にある墓地などは、それ以外の墓地と比べて管理費がかなり高額になることもあります。

公営墓地と同じく宗教や宗旨などに制限がなく、誰でも利用することができ、様々な場所にあったり広い敷地があったりと、選択肢の幅が大きいのも利点です。
また、駐車場完備、休憩所や管理棟、売店などの付属施設が充実している墓地も多くあります。

しかし、ほとんどの民営墓地では石材店が指定されており、その価格も割高であるケースが多くなります。
民営のため、管理団体が永続的に管理してくれるかどうかが不明確なことや、管理団体によって管理状況に大きな差があったりすることも多いため、民営墓地を選ぶには事前の確認や下見などが非常に重要です。

共同墓地や納骨壇、納骨堂という選択肢も

共同墓地
ある特定の団体が管理している墓地以外では、共同墓地というものがあります。
これは個々のお墓ではなく、石碑や供養塔の地下などに広い納骨スペースを取り、そこに骨壺を納め共同で管理するシステムの墓地です。
多くはその共同墓地の土地を所有する方のもと管理されていることが多く、地元の組合であったり、地元住民などが持ち回りで清掃などを行っているところもあります。
遺族が清掃を持ち回りで行い、維持管理は土地所有者が行うなどのケースもあるため、事前に確認しておきましょう。
納骨壇、納骨堂
納骨壇や納骨堂は近年の核家族化や高齢化などに伴って非常に需要が増えてきている墓地のひとつの形といえます。
地下に骨壺をまとめて納めておいたり、ロッカーのように扉つきの納骨スペースがあったりと多種多様で、室内にあるため風化や劣化がほとんどなく、交通の便がよい場所にあることもあったりと、お墓参りがしやすい環境なことが多いです。
こちらはお墓参りがしやすい場所に充分な墓地を用意することが難しい都市近郊の方や、年齢でお墓の管理が難しくなった方などに人気があります。

管理費や契約年数などがそれぞれ異なりますので、詳細を確認してから契約するようにしましょう。