納骨や法要って何をしたら良いのでしょうか?

引き渡しから納骨まで

お墓が出来上がったらそれで終わり、ではありません。
お墓の引き渡し、開眼法要、納骨法要まで終わって、やっとお墓建立が完了なのです。
でも、納骨や法要って、何をしたら良いのでしょうか?ここではお墓の引き渡しから納骨、法要までの流れを、わかりやすくご説明します。

墓石の工事が終われば引き渡しです。

墓石の工事が終わり、お墓の引き渡しになります。
契約の際にもらっている図面や写真を持って、現地に行って墓石の仕上がりをチェックしましょう。
特に、戒名や文字に間違いがないか、確認してください。
お墓の文字が間違っていては大変ですから、必ず、しっかりと確認してくださいね。
問題なければ、残金を支払います。

コレをしなければ、ただの石

開眼法要・納骨法要

お墓を建てたら開眼法要、そして、お墓にお骨を納める納骨法要の儀式をします。
開眼法要、納骨法要の作法など、知っていれば役に立つ知識をご紹介します。

開眼法要・納骨法要はどこに頼めばいいの?

開眼法要・納骨法要はどこに頼めばいいの?

墓石を作ってもらった石材店に納骨と法要してくれるところを紹介してもらうこともできます。お寺や葬儀場などにお願いすることもできます。まずは料金やサービスなどについ…

開眼法要、納骨法要って何をするの?

開眼法要、納骨法要って何をするの?

開眼法要とはただの石だった墓石に魂を入れる儀式のことで、これによりお墓は故人が安住できる浄土になります。お墓を建ててすぐの時には邪気が入らないように白い布がまか…

納骨当日に必要なものとは?

納骨当日に必要なものとは?

納骨当日には何を持って行けば良いのでしょうか?「墓所使用許可証」・・・墓地を契約した時にもらっている書類「埋葬許可証」・・・骨壺を収めた箱の中に、火葬後に一緒に…

お寺へのお布施っていくらくらい包めばいいの?

お寺へのお布施っていくらくらい包めばいいの?

金額は一般的には3万円程度です。開眼法要はお祝い事なので、紅白水引ののし袋に表書きは「開眼式御礼」などと書いてお渡しします。また、別の包みで「御車代」「御膳料」…

開眼法要、納骨法要の時に着ていく服装は?

開眼法要、納骨法要の時に着ていく服装は?

開眼法要はお祝いごとにあたる儀式です。男性は略礼服や黒スーツに白ネクタイ、女性は略礼服や柄の無い着物、落ち着いたスーツなどを着ます。納骨法要の場合、男性は略礼服…

参加者へのお礼は必要?

参加者へのお礼は必要?

開眼法要の後は、法要を行った寺院やメモリアルホールなどの控室でお茶菓子の接待をすることがあります。お礼の品をお渡しする場合、表書きは「寸志」とし、お祝い事ですの…

意外と知らない方が多いのですが三十三回忌まであります。

一周忌や三回忌等の年忌法要

一周忌や三回忌等の年忌法要

故人がなくなった日を祥月命日と言いますが、その一年後に一周忌を、翌年に三回忌を行います。その後、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌ま…

開眼法要、納骨法要などめったに行わないことですから、わからないことだらけですね。
不安なことがあったら担当者に確認するのが良いでしょう。