和墓や洋墓〜個性的なデザイン墓まで十人十色

お墓のいろいろな形

お墓には昔ながらの伝統的な和型、高さが低めですが安定感があり人気の洋型、故人の好きなものの形など、個性的な形をしたデザイン型があります。それぞれに魅力があり、その形ならではの理由があり、利点があります。昨今では生きているうちに自分の好みの墓(生前墓)を建てるという方が増えてきています。
生前墓は寿陵(じゅりょう)とも呼ばれ、古来より長寿を授かる縁起の良いものとされてきました。
お墓を用意するにはまとまったお金や時間が必要です。
残った家族に負担をかけたくない、自分が眠る場所は自分の好きな形にしたい、そんな思いが生前墓には込められているのです。

そんなお墓の種類について、それぞれのメリットやデメリットを詳しくご紹介します。

お墓の形「和型」

日本のお墓の伝統的な形である「和型」は、釈迦の骨が納められている仏舎利塔を起源とし、江戸時代より広く使われている最もポピュラーなものです。
形状や採寸は地域によって多少異なりますが、一番上に家名を彫る棹石(竿石)、土台石、中台石、一番下に芝石(芝台)と呼ばれる敷石を置く四段構造のものや敷石は置かない三段構造が基本構造です。

いくつもの石に分けられているのは、それぞれに家庭円満を表す「天」、人望・出世を表す「人」、財産維持を表す「地」を表しているといわれています。

和型のメリット日本の伝統的な形のため、どの寺院の墓地や霊園でも違和感なく馴染み、郷愁を感じさせる飽きのこないデザインです。
縦書きで文字を彫刻しやすく、家名や宗派によって彫刻する決まりがある文字にも適しています。
最近では、和型の墓石でもモダンなデザインのものや、従来の黒や白といったもの以外でもグレー系やグリーン系などの様々な色のものを使用しているものも増えてきています。

和型のデメリット規定の形が決まっており使用する石が大きいため、石種によっては価格が高額になりがちです。
また、縦に長い分地震に弱いため、耐震処理を施す必要があります。

お墓の形「洋型」

洋型は西洋風霊園やガーデニング霊園、民営墓地、芝生墓地などが人気になるにつれて急速に普及した形状です。
オルガン型、ストレート型、プレート型などの形式があり、好きな文字や彫刻を刻むことができるため、オリジナル性やデザイン性を求める方にも人気があります。

洋型のメリットモダンな外見と小さめの形状、どんな石種でも合うデザインから、ある程度の伝統は守りつつ現代的なものを求める方向けともいえます。
墓石の背が低く掃除や手入れのしやすさもあります。
小さめのスペースに置くことができ、外柵や土盛りなどが不要なため和型に比べると価格が低めです。
また、背が低く安定した形状のため地震にも強いのが特徴です。

洋型のデメリット家名(○○家先祖代々の墓等)や宗派文字(南無阿弥陀仏等)にはあまりマッチしない形のため、建てた方の好みで文字(愛・夢等)や詩を彫刻した場合、代替わりした際に普遍的でなくなることがあります。
また、お寺などの場所によっては個性的な墓石を好まず伝統的な和型のみの墓石を置くようにいわれることもあるので、あらかじめ確認が必要です。

お墓の形「デザイン型」

デザイン型は、近年人気がでてきている個性的な形状のお墓です。
故人の好きなものや趣味を模したものが多く、将棋が好きだったからと将棋の駒の形であったり、ピアノが好きだったからとピアノの形であったりと、故人への想いを表したり、お墓にも自分らしさを求めたい方向けの自由でデザイン性に富んだ特別な形であるのが特徴です。

デザイン型のメリットデザイン型のメリットは、やはり個性的で唯一のお墓を作ることができるということです。
自分が入るお墓は自分の大好きなものをモチーフにしたい、お墓は人生の総仕上げだと考える方が増えてきているといえます。
それに伴い、先祖代々のお墓の他に自分だけのお墓を用意し、分骨をしてそれぞれに納骨をしてもらうという方も多くなってきています。

デザイン型のデメリット個性的な形であるが故に、昔ながらの霊園や墓地では置いてもらえない場合があるため、あらかじめ確認が必要です。
また、オリジナルの形に石を削る必要があるため、墓石の費用も高額になります。