永代供養のいろはを知っておこう

お墓と永代供養

永代供養とは、お墓参りをしてくれる人がいない方や、お墓参りができない方に代わり、寺院が責任をもって供養、管理をしてくれるお墓の形のひとつです。
永代供養墓(えいだいくようぼ、または えいだいくようばか)と呼ばれます。

同じく永代供養を受ける方と一緒の墓や納骨堂などに安置されるため、合祀(ごうし)墓や合葬(ごうそう)墓、共同墓、合同墓などとも呼ばれています。
多くの場合、遺骨は一定の期間納骨堂で保管されたあと、他の方の遺骨とまとめて合祀という形になるため、改葬もできなくなります。
永代供養を選ぶ際は遺骨の扱いについて確認するようにしましょう。

近年ではお墓参りをしなくても寺院側が永代的に供養、管理してくれるので、近親者がいない方やお墓の管理を任せられる親族がいない等の理由から永代供養を選ぶ方が増えてきています。

お墓を建てるメリット・デメリットとは?

お墓を建てることは、私達人間が古来より行ってきた大切な行為ともいえます。
大切な人の遺骨を納めて供養、管理し、お墓参りを行い、自分が亡くなったら納骨してもらい、遺族や子孫に折に触れお墓参りをしてもらうというサイクルは代々受け継がれていくものです。

遺骨を納める場所としては皆が最も納得する形でもありますし、家族や親族が代々承継できれば長きにわたって使用することができます。
親族でお墓参りを行い、故人を偲んだり、ご先祖様の存在を知ることで「お墓に眠る人たちがいたからこそ、今の自分がある」ということを再認識でき、死の概念があまりない子供にも先祖の大切さを理解させることができます。

しかし、逆に言えばお墓を承継、管理してくれる人がいないとお墓はあっという間に荒れ果ててしまうというデメリットがあります。
お墓を建てるにもお金がかかりますし、その後の管理にも継続的な費用が必要となります。
寺院墓地に建てた場合はお布施や寄付などの隠れた出費も見ておかなければいけません。

永代供養のメリット・デメリット

永代供養の増加は、近年の核家族化や高齢化の影響が多分に関係しています。
近親者がいない、郷里が遠すぎてお墓参りにいけない、または郷里に戻る気がない等の理由により、自分がなくなったあとの遺骨管理の心配を無くすために生前のうちに申し込んでおくという方も増えています。
寺院が管理してくれるため常に綺麗で永代的な供養も任せることができ、お墓を建てたあと管理者がいなくなり荒れ果ててしまうよりは、永代供養にしようという考えの方が多くなっているようです。

デメリットは、遺骨が他の方のものと混ざって合祀されるという形態がほとんどであることです。
墓誌や過去帳等に名前が残りはしますが、個々のものではなく永代供養を受けた方全てを合同供養、合同のお墓という扱いになります。
あとから特定の遺骨を取り出すことは不可能になるため、改葬などもできません。

一定期間後に遺骨をまとめて土に埋めるという寺院もあれば、三十三回忌までは寺院で供養し、その後は共同型墓地に移すという寺院もあり、遺骨の扱いについても場所によって様々ですので、かならず納得いくまで確認したあとに契約する必要があります。

時代の移り変わりとともに、お墓の在り方も変化します

時代が変わり、お墓に対する考え方も変わってきています。
昔は亡くなったあとは先祖代々の墓に入ることが遺骨のあるべき姿とでもいうべきでしたが、郷里にある先祖代々の墓は大事に思いながらも、自分や夫婦2人だけのお墓を求めるという方も増えてきました。

昔ながらの風習や習慣に囚われず、自分が永遠に眠る場所は自分の好きにしたいと声を大にして言える時代になっています。

大切なのは、どのような形であれメリット・デメリットを把握して、それでもここに眠りたいと思える場所、お墓のかたちを見つけることではないでしょうか。