いろいろな費用が必要

お墓のお値段について

お墓を建てるにはどのくらいの値段がかかるのでしょうか。
お墓を作るには「土地代」「墓石代」「彫刻代」「工事費」がかかります。
東日本のお墓の総額は平均150万円~300万円ほどといわれています。
しかし、お墓は墓地の立地、石種、装飾などによって、かなり価格に差がでるため、一概にはいえない部分もあります。
お墓はこだわればこだわるだけ値段がかかるため、優先すべきものと譲れるものを明確にし、その中で納得できるものを作ることが大切です。

もちろんお墓を作ってそれで終わりではなく、永代供養代管理料などの維持費も考慮しなければいけません。
こちらでは土地代や管理料などは含まない、純粋な墓石部分ついて、墓石にかかる値段の内訳、価格に差がでる理由などをご紹介します。

墓石の値段に違いがでる理由

墓地の広さ墓地の広さは、使用する石の量や基礎の大きさに違いがでます。
墓地が大きくなればなるほど多くの材料が必要となるため値段が高くなります。

墓石の形状洋型より和型、和型よりデザイン型のほうが墓石の値段が上がります。
使用する石の大きさだけでなく、個性的な形であればあるほどデザイン料や石を削るための時間や手間がかかるため値段が高くなります。

石の種類と等級墓石につかう石の種類によっても値段が変わります。
国内産のものより海外産のものが安価ですし、同じ名前の石でも等級があり、等級によって価格は倍以上違うことも珍しくありません。
使用する石の種類だけでなく、この等級もチェックしておくと良いでしょう。

装飾(彫刻)お墓に彫る文字や装飾によっても値段が異なります。
宗派によっては決まった文字を彫る必要があったり、綺麗なレリーフを刻みたいなどの希望によっては彫刻代がかなりかかることになります。

宗派の慣例仏教のお墓の場合、宗派によって五輪塔を建てたり塔婆立や墓誌を建てるといった違いがある場合があります。
墓石以外にも付けるものがあればそのぶんの値段がかかることになります。

墓石を選ぶ基準

墓石の値段の大半を占めるのが、墓石に使われる石自体の値段です。
一般的に石材の値段は、削ったあとの墓石の大きさで決まるのではなく、削りだす前の原石の大きさの価格になっていることが多いです。
凝った形状のものはその分大きい原石が必要となるので、その分価格が上がることになります。

石材には等級(ランク)があり、同じ種類の石であっても値段が異なる場合があります。
また、採石量が少ないが故に高い値段がついている石もあるため、値段が高い石が必ずしも墓石に向く良い石であるとは限らないのです。

墓石を決める基準は人それぞれで、単純に見た目の好みで決める方もいれば、故人の生まれ故郷で採れる石を使いたいなどの決め方をする方もいます。
また、墓地の場所が海の近くの場合、塩害を防ぐために塩の影響を受けにくい石材を選んだり、幹線道路沿いなどの振動が多い場所の墓地は耐震処理がしっかりとしてある構造のものにするなど、お墓を置く場所によって墓石を選ぶというケースもあります。

石材判定の数値

墓石を決める際は、表示されている参考数値をしっかりチェックし、なるべく良いものを選びたいものです。
注目すべきは「吸水率」「圧縮強度」「見かけ比重」の3項目です。

吸水率雨水などをどのくらい吸い上げるかの基準です。
吸水が少ないほど長い年月に耐えられる石であると考えられているため、吸収率が低いものを選びましょう。

圧縮強度石に一定の圧力を加え、どの程度耐えられるかを示した値です。
数値が高いものほど耐久性があります。

見かけ比重水に対し、どのくらいの重さがあるかを示した数値です。
数字が大きいほど重い石ということになります。

石材は、たとえば圧縮強度が高いものであっても吸水率も高いと耐久性はあまりないということになります。
全ての項目がバランスの良い石を選ぶようにしましょう。