近年多くなった「墓石の色」へのこだわり

墓石選びでこだわる人が多い「色」についてまとめてみた

墓石に使われている岩石には様々な種類があり、その岩によって色も異なります。
一般的によく見かける墓石といえばグレーのものになりますが、近年では色々な色の墓石が選ばれています。

昔は、黒色の墓石は太陽の熱で熱くなり、死者が安らげないので良くない、赤色の墓石も血を連想するので縁起が悪いなどと様々な縁起や迷信によって色がいわば規制されていたような地域もあります。

ですが、現在では入る本人の好きな色、好きなデザインお墓を作ることが多くなってきています。
縁起や迷信を大事にしたいと思う方も、自分の気に入った色で作りたいと思う方も、どちらもお墓を建てる方が納得のいく色を選ぶことが大切です。

高級感があり縁起の良い色として好まれる。

古来より好まれる白色系の墓石の特徴点

主に関東方面で人気がある色が白系の墓石です。
高級感があり、白系の墓石は縁起の良い色だとして昔から好まれています。
庵治石(あじいし)
日本産の御影石の最高峰といわれており、別名:花崗岩のダイヤモンドとも呼ばれています。
耐火性や強度に優れ、表面には美しい模様が浮かび上がります。
G614(じーろくいちよん)
中国から輸入している墓石用の石材で、安価なため人気があり、広い地域で古くから墓石に使用されてきました。
G603(じーろくまるさん)
中国から日本に最も多く輸入されている石材です。
世界で一番安い御影石とも呼ばれており、墓石以外に縁石や彫刻用、キッチンのワークトップなどにも利用されています。

最もスタンダードで全国的に使用される。

超スタンダード系の灰色系墓石の特徴点

墓石としては最もスタンダードな色で、全国的に使用されています。
石種も多いので、好みの石が見つかりやすいかもしれません。
岡崎御影(おかざきみかげ)
模様が緻密で磨くと美しい光沢がでるため、とても高級感がある美しい石材です。
白雲母を含んでいるため太陽の光を浴びるとキラキラと光ってみえます。
新八光(しんはっこう)
良く見るとピンク色の結晶が混ざってみえます。
硬度が高い割に安価なため、外柵にもよく利用されています。
墓石にもコストパフォーマンスを重視したい方にはおすすめです。
G654(じーろくごーよん)
中国産の灰色系石材の定番商品です。
灰色系の中では色が濃い目で、見た目は高級感がありますが価格が安いため人気があります。

過去は敬遠されがちでも、現在ではモダン&シックで大人気!

黒色系の墓石の特徴点

昔は黒い墓石は縁起が悪いと言われている地域もありましたが、現在ではモダンでシックな雰囲気を出すことができる黒系墓石はとても人気があります。
インド黒(いんどくろ)
インド産の黒御影の総称です。インドは黒御影石の名産地であり、質が良い石材が豊富に供給されています。
インド黒と呼ばれている石材は細かく種類が分けられており、値段はピンキリです。
エボニーブラック
スウェーデン産黒御影石の高級品です。スウェーデンの黒御影は世界の黒御影石の中でも最高峰とされ、叩くと金属のような音がするといわれるほど硬いため、耐久性が非常に高いです。
山西黒(さんせいくろ)
中国産の黒系石材の代表格です。
ほとんど斑紋がない真っ黒な石で、磨くと美しい光沢がでます。
硬度も高く吸水性も低いですが比較的安価なため人気があります。

デザイン墓ブームによって人気急上昇!

かなり奇抜な赤色系の墓石の特徴点

昔は血をイメージさせるとして避けられていましたが、あまり縁起を気にしない方や近年のデザイン墓ブームによって急激に人気が上がってきている色です。
ニューインペリアルレッド
別名「インド赤」とも呼ばれる、世界で採れる石材の中で最も赤い御影石です。
元々はモニュメントや建設物などに利用されていましたが、近年のデザイン墓ブームなどによって、その鮮やかな色から一気に人気がでた石材です。
G663(じーろくろくさん)
「ローズピンク」や「中国ピンク」「中国桜御影」などとも呼ばれる淡いピンクの石材です。
均一で細かい目合いや柔らかで優しいピンク色から特に女性に人気があり、キリスト教の方の墓石にもよく利用されています。
マルチカラーレッド
インド産の赤御影石で、赤地に黒いマーブル模様が特徴的な石材です。
墓石の色にもオリジナリティを求める方に人気があり、洋型墓石、デザイン墓石などによく利用されています。