「建てたら終わり」ではありません

お墓のメンテナンス

お墓は建てたらそれで終わりではありません。その後長い間、管理し続ける必要があります。
こまめに掃除やメンテナンスに行ける場所にあれば良いのですが、少し遠い場所にあったり、あまり通うことができない場合のお墓はどうしても荒れがちです。
大切な人が眠り、自分もいずれは入る場所ですから、出来るだけきれいな状態で維持できたら良いのですが、なかなかそうもいかない事情もあるでしょう。
また、代々受けつがれてきたお墓がかなり傷んできてしまっている場合、お墓を綺麗に直したいけど、どうやったらいいのかわからないと悩んでいるという方もいるかもしれません。
そんなお墓のメンテナンス、リフォームについてご紹介します。

お墓のメンテナンスについて

お墓は建てたあとも定期的に掃除としないと荒れてしまいがちです。
いつのまにか水アカやコケがつき、敷いた砂利の間からは雑草が顔をだし、仏具が割れたり目地が切れたり、外柵が歪んでいるなんて場合もあるでしょう。
そのような状態のお墓をできるだけ綺麗に維持するために、できることをご紹介します。

ご自身でのメンテナンスが難しい時は、業者に依頼することも可能です。
お墓のクリーニング(お墓参り代行) まごころ

目地切れ重い墓石といえど、経年劣化や地震の揺れの影響などで墓石同士をつないでいる目地が切れることがあります。
目地の欠けや切れは墓石同士がズレたり地震で墓石が倒れる原因にもなります。
最近では、地震などの揺れに強い免震対応の目地があります。
柔軟性があるため、幹線道路沿いや地震が多い場所などの揺れを吸収し、墓石への影響を抑えることができます。

仏具の破損、劣化仏花を供えるための花立やお線香を置くため線香台などは、外気に触れるものなので劣化は避けられません。
昔のお墓などはプラスチック製や竹製の仏具も多く、ひび割れや水漏れなどを起こしやすくなります。
特に花立の水漏れは苔、カビの原因にもなりますので耐久性の高いステンレス製の仏具への交換をおすすめします。

雑草砂利を敷いていても、その下が土なのでいつのまにか墓所内に雑草が生い茂っていることも珍しくありません。
あまりこまめに掃除に通えない場合は、砂利の下にコンクリートを流して雑草が根つくのを防ぐ雑草防止工事がおすすめです。

墓石の汚れ雨風にさらされる墓石は、定期的に掃除をしないと汚れたりカビや苔がついてしまいます。
そのような場合は墓石を綺麗にクリーニングしたあとに防水剤やシリカガラスなどで墓石をコーティングする墓石コーティングがおすすめです。
墓石の表面を薄い膜で覆うため、カビや汚れがつきにくく、もしついてもすぐに落とすことができます。

お墓のリフォームについて

代々守ってきた墓所に置いてある墓石がかなり古くなって傷んでしまっている場合、そのままにしておくと見た目も良くありませんし、大きな地震などで倒壊の危険があります。
そんな墓石のリフォームなどについてご紹介します。

墓石の磨き直し長年雨風にさらされ、風化してしまった墓石の表面を少し削って磨きあげる方法です。
代々守ってきた墓石はそのままに、見た目は美しく生まれ変わります。
新しく墓石を用意するよりは経費がかからずに済みますが、表面を削るため石の寸法が若干小さくなります。

耐震工事地震などで墓石がズレたり倒壊してしまわないようにお墓にも耐震処理を施すことができます。
揺れを吸収する目地を入れたり、外柵や墓石同士をしっかりと耐震金具で固定することができます。

基礎、外柵の補修墓所を守る外柵や、墓石を支える基礎部分も経年劣化する場合があります。
特に基礎部分の劣化は納骨室(カロート)への雨水の侵入や墓石の傾きなどの原因にもなります。
土の上にそのまま墓石を設置している場合は、コンクリート基礎へのリフォームがおすすめです。
また、外柵を綺麗にするだけで墓所の見栄えは格段に良くなります。
外柵が劣化している場合は、磨き直しなどは基本的にできないため取り替える必要があります。