どう墓石を選んだらよいのかわからない?

墓石選びのポイント

お墓の構成や墓石の種類についてはだいたいわかったけれど、実際に選ぶとなると何をどう選んだらよいのかわからない、という人も多いと思います。
ここでは、お墓選びに悩む人たちに役立つ、墓石選びのポイントをご紹介します。

お墓の付属品って何があるの?

お墓には墓石だけでなく、様々な付属品があります。
どんなものがあって、どれを付けたらいいのかがわかるように、お墓の付属品についてお話ししましょう。
花立て
水を入れて生け花を立てるためのもので、お墓の前に左右対称に配置されます。
花立て台から取り外せるものと、墓石と一体になったものがありますが、使いやすさからすると取り外しできるタイプの方がおすすめです。
香炉  
お線香を立てるためのものです。
お線香を立てて置く「立置き型」と、寝かせて置く「くりぬき型」があります。
使い勝手はそう変わりませんから、好みのタイプを選んでください。
水鉢  
お水を入れるものです。
墓石と一体になったタイプと、別につくるものがあります。
塔婆立て  
浄土真宗以外の仏教には、塔婆を立てるしきたりがあります。
墓誌  
故人の戒名や生年月日、没年、生前の経歴などを刻むためのものです。
これらは普通墓石に刻みますが、書ききれなくなった時に墓誌を立てます。
灯篭
故人の供養、または邪気を払うために建てます。
経台  
お供え物を置くための台です。
つくばい  
手水鉢で手を洗う水を入れるためのものでしたが、今では飾りとして使われています。
墓石の付属品がいろいろと出てきましたが、普通付けるのは花立てと香炉くらいではないでしょうか。
花立てと香炉は必ず使いますが、それ以外の者は付けたかったら付ければ良いと思います。

みんな墓石にどれくらいお金をかけているの?

墓石の価格はピンからキリまであり、中には墓石だけで1,000万円もかけたという人もいます。
一般的には墓石にどれだけのお金をかけているのでしょうか?実際にお墓を建てた人の予算を見てみると、墓石だけで100万円~200万円のものを購入する人が一番多いようです。
次に50万円~100万円、200万円~300万円という順に多くなっています。
墓石にかけるお金の平均金額は、だいたい162万円くらいだそうです。

墓石以外にかかるお金ってある?

墓石そのものを購入する費用以外に必要なお金は、墓石に文字を刻むのにかかる費用として、3~5万円がかかるくらいでしょうか。
もし、古い墓石を処分して新しいお墓を建てる場合は、墓石処分費用が1~2万円ほどかかります。

他の場所からお墓を移す改葬をする場合は、意外とお金がかかります。
移転元のお墓を撤去・処分・整地するのと、お布施などで30万円前後がかかると言われています。
また、移転元が寺院だった場合、離壇料というのがかかります。
寺院によって異なりますが、20~50万円と言われています。

結局のところ、どんな墓石を選んだらいいの?

「いろいろな墓石があるけど別にこだわりもない。」
「どんな墓石を選んだらよいのかわからない」
という場合は、その墓地にある一番オーソドックスな墓石を選ぶのが良いでしょう。
地域によって墓石の種類や入れる文字の慣習が違うこともありますから、それに従う形が一番無難かもしれません。

墓石を買う際は、契約書を必ずかわしておこう

墓石を作る際にかわす契約書は、大事なものです。
墓石は何十年も先に子供たちも使うものです。
契約書が無いと、後々トラブルのもとになりかねません。
自分だけが使うのであれば自分が覚えておけば良いですが、自分がいなくなった後にも使うものですから、必ず石材店と契約書をかわしておきましょう。
その際には、アフターサービスや保障内容について明記してあることを確認するのも忘れないでください。

墓石を選ぶ上でポイントとなる点についてお話してきました。
大事な注意点もありましたから、ぜひ参考にしていただければと思います。