何から決めていけばいいの?

墓石選びで決めることとは

墓石を選ぶ際には、何から決めていけばいいのでしょうか?順番にご説明しましょう。

大きさを決める

購入した墓地の大きさを、まずは伝えてください。
墓石の大きさを決めます。墓地の大きさによって、建てられるお墓の大きさが変わってきます。
お墓の構成として、石塔という墓石の本体部分と、遺骨を納めるカロート(納骨室)はどのお墓にもあります。
広い墓地ならば、流水や地崩れを防止するためも外柵をつけることもできます。

形を決める

墓石の形には「和型墓石」「洋型墓石」「ニューデザイン墓石」などがあります。
墓地の規定なども考慮して決めましょう。

和型墓石

日本の多くのお墓は和型です。
上から棹石・上台石・中台石・芝石の4段で構成されています。
3段の場合もあります。
それぞれの石が、天(家庭円満)、人(人望・出世)、地(財産維持)を表しているとも言われています。

洋型墓石

洋型墓石は、和型よりも少ない墓石で建てることができるため、経済的と言えます。
ガーデニング霊園や民間経営の霊園、芝生墓地が多くなってきたため、最近は洋型墓石が増えています。

ニューデザイン墓石

故人が好きだった将棋の駒の形をしたお墓や、お酒好きの故人をしのんで徳利型のお墓など、自由な形の墓石です。
CADや3Dシミュレーターで設計するので、好きな形の墓石にできます。

墓石の種類を決める

墓石には、花崗岩、安山岩、斑レイ岩などの種類と、国産か外国産なのかという違いもあります。
実際に墓石を見ながら、光沢がある方がいいのかない方がいいのか、色は何色がいいのか、などをじっくり決めてください。

これらの実際の墓石の種類を選ぶ際には、あらかじめ全体の予算を決めておくのがいいでしょう。